小泉元首相がテレビのニュース番組に生出演し、独自の原発廃止の持論を展開していた。

首相当時の原発に対する無責任さ(ご本人は無知、知らなかったとのこと)を反省し、

今、原発廃止と自然エネルギーによる日本再生を呼び掛けている。

多くの野党はすでに脱原発を政策に掲げているけど、

実行性からみればやはり与党自民党に期待したいところ。

小泉元首相の話の中に、

廃炉後の原発ゴミは、どの地方自治体も受け入れ反対するのは当然だから、

当面、それぞれの原発の敷地内で中間貯蔵していくしかないと思う、という発言があった。

なるほど!と思わず膝を打つ!

福島の原発廃炉は石棺方式がいいと思っていたが、

日本中の18か所(42基?)の原発を徐々に廃炉していきながら、

そのまま原発の「廃炉山」を各地に築いて長期管理していくしか道はないと思う。

10万年はともかく、1000年、2000年単位で国家政策として

「廃炉山」を守っていく覚悟を今しないといけない!

それにしても自民党はモリカケ騒動でエネルギー政策なんて大手電力会社設立で言いなり・・・

あぁ、小泉さんに頼るしかないのかなぁ~