港区の会社設立で司法書士がおすすめな理由

法人設立登記が0円でサポートまでしてくれるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

会社設立、港区で働く人にとってこの言葉は常に魅力的なものではないかと思います。しかし、会社設立ともなると
様々な法律も絡み、会社設立に対する税金や保険の事など片づけなければならないことが起きることも予想されます。
会社設立はしたいけれど、実際には港区のような大きなところでは難しいんじゃないか?と思う人が殆どではないでしょうか。

確かに会社設立を考えた時に素人が闇雲に港区で動くよりも、専門家の手にゆだねるほうがスムーズに会社設立は進むようです。
それならなにもわからずただぼんやりしているよりも港区内で専門家を探すべきではないでしょうか?

実際、会社設立の代行を行っている司法書士、税理士、そして弁護士事務所は港区でもかなりあります。
そういった専門家はネットにも沢山紹介され港区での情報も色々と見かけます。
ではどうやって会社設立のおすすめの代行業者を港区で見つける事が出来るのでしょうか。

会社設立、登記代行、その仕組みは?

会社設立でまず行うべきことは会社の規則でもある「定款」作成です。公証人役場での「認証」後、法務局に登記します。
法務省に登記が完了すれば会社として認められ、税務署や社会保険事務所などに会社設立に必要な書類を提出します。
この一連の手続きを専門知識を持つ司法書士に代行してもらうのがおすすめということなのです。

港区は日本でも大きな都市ですので、このような会社設立代行、登記代行を行ってくれる所は沢山あります。
税理士事務所、弁護士事務所と法律が専門の事務所は多々ありますが、会社設立の登記代行は、司法書士のみができる物なのです。

港区で会社設立、登記代行、代行業者に頼む6つのメリット

「定款」を作ってくれる

会社設立に必要な「定款」は会社の名前や事業内容、発起人の氏名など必要な事項を埋めていかなければなりません。
定款に必要な設立要綱を連絡すると、司法書士が「定款」の作成をしっかりと行ってくれます。

「定款」の「認証」に掛かる費用が節約できる

このように代行事務所に頼むと紙ベースの「定款」が「電子定款認証」にできるというメリットがあります。
通常は印刷して「定款」を公証役場に持って行くものなのですが、収入印紙代として4万円ほど掛かってしまいます。
しかし代行業者は電子署名のソフトで「定款」を作成するので印紙代が節約でき、代行事務所への依頼はおすすめという訳です。

代行業者には司法書士がいる

会社設立の登記は司法書士事務所だけが出来ると言いましたが、実際、港区でも代行事務を行っている税理士事務所や
弁護士事務所があります。実はそのような事務所は会社設立登記の為に司法書士と提携したり、自社で雇っていたりするのです。

そういう事務所なら会社設立に必要な「定款」作りから「認証」そして法務省への登記必要書類を提出まで一括ででき、
登記謄本を渡してくれるところまで全部を通しで代行してくれる為、安心かつおすすめです。

登記に必要な書類を指示、作成してくれるので確認印を押すだけ。

会社設立、登記に必要な書類は

  1. 登記申請書
  2. 登録免許税の収入印紙を貼付したA4用紙
  3. 登記すべき事項を保存したCD-R又はFD
  4. 定款
  5. 発起人の決定書
  6. 取締役の就任承諾書
  7. 代表取締役の就任承諾書
  8. 監査役の就任承諾書
  9. 取締役全員の印鑑証明書
  10. 払込を称する書面
  11. 印鑑届出書

といったものです。しかし事業内容によっては必要が無い書類もあります。
また書類に署名や押印が必要なのですが、それぞれの署名する人や押印する印鑑が違ってきますので司法書士の指示に従い、
書類確認と共に署名、押印をしてください。どの書類に署名し、押印するのか全て指示してくれるので安心して行えます。

会社設立後のケアもしてくれる。

代行事務所では税理士による会社設立後の税務に関するケア、弁護士による法務のケアなど素人では考えが至らない部分までも
細やかに気遣ってくれるので、この点も会社設立の代行を専門家に頼むのはおすすめです。

自分で会社設立登記するより費用が安い事が多い。

会社設立を代行事務所に頼めば、自分で公証役場で「認証」を取ったり法務省に行く時間の節約も出来る上、
自分で行うよりも安く出来る代行事務所が沢山ありますので、やはりこの点も自分で行うよりもおすすめな点と言えます。

会社設立、登記代行、気をつけることは?

会社設立登記を行うのは会社の本店所在地を置くと決めたところの法務局です。
申請者である代表取締役が埼玉県在住でも、本店所在地が東京都新宿区の場合、東京法務局新宿出張所に届出をします。
これは港区でも同様で、書類に不備があると訂正する事になりますが、専門家ならば間違いませんのでこの点もおすすめです。

会社設立登記の代理申請は司法書士しかできないので、税理士事務所や弁護士事務所は司法書士と契約を結んでいるのです。
しかし法務局では申請者が司法書士かは確認ができない為、申請を違法行為と知りながら税理士や弁護士がする事務所もあります
ですから会社設立をお願いする時は司法書士がいて、違法行為にならないかを確認することをおすすめします。

会社設立登記代行、港区でおすすめの所は?

インターネットが発達した現代ですのでネットでの会社設立代行を行うところは沢山あります。
港区に事務所を構えている所もあれば、全国対応で会社設立を代行してくれるところもありとかなりの数です。
そこで、どこの代行事務所がおすすめなのか?そのチェックの仕方を挙げてみました。

  • 会社設立に必要な「定款」の作成を行っているか?
  • 定款の電子認証やオンラインによる登記の申請手続が可能か?
  • 税理士や弁護士の事務所であっても登記に必要な書類作成、チェックは司法書士が行っているか?
  • 電話やメールでの相談は専門家が対応してくれるか?
  • 会社設立登記が終了し、謄本が届いた後も色々な相談に乗ってくれるか?
  • 法務、税務に関する質問も出来るか?

ネットでの対応ということもあり相談は24時間、電話でもメールでも受付けてくれるところが多いようです。
作成費用も10万円台からあるようなので、複数の事務所の内容をしっかりと吟味し、
会社設立に必要な登記の作成費用が事務所ごとにどれほど違いがあるかなども見極めるのもおすすめでしょう。

港区で会社設立を目指せば片づけるべき作業が沢山あることでしょう。だからこそ代行事務所に会社設立を依頼することを、
おすすめしたいのです。港区での会社設立を是非とも成功してもらいたいという気持ちから、代行事務所をおすすめしました。
説明してきたことを参考に、あなたの港区での会社設立が上手くいくことを心より願っております。

 

法人設立登記が0円でサポートまでしてくれるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

  • 港区 会社設立 司法書士
  • 港区 会社設立 税理士
  • 港区 会社設立 格安
  • 港区 会社設立 弁護士