小平市で会社設立が即日最短でできる業者は?

小平市での会社設立は代行業者に頼むのが、時間も費用も節約できるし、専門知識が無くても大丈夫と言われています。
小平市での会社設立を最短で行うにはやはり会社設立を専門にする代行業者に頼むのが一番良いのでしょうか?

 

法人設立登記が最短1日でできるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

?

小平市で会社設立、1日で出来るの?即日対応は可能?

小平市で会社設立をするには、定款の作成、印鑑証明の取得、と様々な書類を法務局に提出し登記をしなければなりません。
この流れを見ると小平市での会社設立にはとても時間がかかるように感じ、大変さばかりが気になります。
しかし、良く会社設立はインターネットで即日対応、1日で出来ると積極的に宣伝している所を見かけます。

実際に1日で小平市での会社設立、という即日対応は可能なのでしょうか?
可能なんです。条件が揃えば。ではその即日で小平市で会社設立が出来るという条件を見ていきましょう。

 

定款作成 

定款は会社の憲法のような物で会社設立の手続きでは絶対に揃えなくてはならないものです。
定款の一般的な雛形が現在では公開されており、それを使い作成すれば誰もができるようになってはいます。
ただ初めて定款を作成するならば「前各号に附帯または関連する一切の業務」と書き込む事を忘れないようにしてください。

書き忘れてしまった場合は、将来新たに展開したい事業内容を後ほど書き加える事務作業が発生してしまいます。
雛形で作成し終えれば、定款を公証役場で認証してもらいます。しかしこの認証代は行業者のほうが安く済みます。
代行業者ならこの定款の作成、認証を電子定款として作ることが可能で、収入印紙代の40,000円が節約できるからです。

 

発起人全員の印鑑証明書を入手

小平市での会社設立では発起人は定款作成、および登記申請に必要な書類に署名、押印します。
この発起人全ての印鑑がきちんと登録されている物か証明しなくてはいけません。
発起人には印鑑証明書の取得を必ずするよう伝えてください。

また発起人が取締役であるなら更にもう一通印鑑証明書は必要となります。

 

発起人設立による資本金の払い込み

小平市で会社設立をするならば、会社を興す資金を証明する物が必要です。
発起人が会社設立の場合には新しく銀行口座を開設し、そこに普段自分が使っている口座から資本金を振り込みます。
振り込まれた通帳のコピーを資本金の払込の証明に使うことが出来ます。

募集設立の場合、発起人以外の人たちから資金を振り込んでもらいます。
その場合別段預金口座を開設し、振込み補完証明書を発行してもらうことになります。
この別段預金口座の開設が銀行によっては2-3日掛かる事もあります。

認証された定款、資本金の払い込みが証明できる通帳のコピーと共に登記申請を法務局で行います
資本金の払い込みが証明できれば、登記申請した日が小平市での会社設立の日になります。

 

小平市で会社設立を即日やってくれる所は?

小平市での会社設立までの流れを振り返ってみましたが、かなり手間がかかるように感じますよね。
しかし、代行業者ならば以下のような形で即日で小平市での会社設立を可能にしているのです。

小平市で即日で会社設立を依頼者が希望すれば、即日で会社設立の登記を行う代行業者はしてくれます。
しかしそれには、依頼者側にも事前の準備とある条件が必要となってきます。その準備と条件とは、

 

  • 電子定款を利用する。
  • 必要な印鑑証明書がある。
  • 発起人設立による会社設立で資本金が振り込み可能。

 

と言う準備と条件が揃って小平市で即日の会社設立が可能となってくるのです。

また前もって会社の印鑑、代表印や銀行印それに角印を作ってあれば更に良いのですが、
もし作っていない場合、発起人の個人印(実印)が会社の代表印となってしまいます。
後日改印登録をすることは可能ですが、手間が掛かるので会社に必要な印鑑は先に作るのがおすすめです。

小平市での会社設立は確かに即日が可能なことはわかりましたが、その前には色々と準備が必要なのです。
しかし準備と条件さえクリアすれば小平市で即日の会社設立は誰でも可能です。
小平市で即日の会社設立は時間の節約にもつながります。即日の会社設立を目指してみてはいかがでしょうか。

 

法人設立登記が最短1日でできるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

  • 小平市 会社設立 司法書士
  • 小平市 会社設立 見積もり
  • 小平市 会社設立 おすすめ